Page: 1 / 2 [19件]

[1] [2] [>>次ページ]

・矮性(わいせい)

基本種に比べ、コンパクトに育つ性質。自然にも見られるが、人為的にも改良されている。狭い庭やコンテナに向く。

・ランナー

オリヅルランやイチゴなどに見られる細長い茎。その先端の節から新しい株が育つ。

・寄せ鉢

1種植えの鉢を数個集めて寄せ植えのように演出したもの。性質の異なる植物も同署で鑑賞できる。

・誘引

つるや枝を支柱などの目的場所に導き、思いどおりの形に生長させること。

・マルチング

水分や養分の蒸散、霜立、ドロはねなどの自然環境から植物を保護するために、地表に施すカバー。

・匍匐性

地表を這うように横に伸びていく性質。這上性は上に向かって這いあがる性質。

・覆土

タネをまいたあとにタネにかぶせる土のこと。植物によって覆土のいらないもの、薄くかけるもの、厚くかけるものなどの違いがある。

・フォーカルポイント

庭や花壇、ベランダなどにアクセントをつけ、人々の注目が集まるようにした場所。

・葉水

水を葉や茎にかけること。湿度を好む植物には欠かせない。また、ハダニを防ぐ効果もある。

・鉢上げ

地植えしていた植物を鉢に移し替えること。

閉じる